だぶるとらぶる子育て日記
米国ニュージャージー州で双子を育てています。  どたばた育児の日常を皆さんにおすそ分けしています。 双子パワーって凄いよっ!
プロフィール

 らる子

Author: らる子
ニューヨーク出身のダンナ様と2004年6月に誕生した一卵性の双子と一緒に、ニューヨーク郊外でドタバタ子育て真っ最中。


らる子へのメールはこちらっ♪

カレンダー
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
Lilypie Kids Birthday tickers
スポンサーサイト
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告記事全文TB数:-コメント数:-
これにハマってます↓
2009/09/27(日) 07:58:52

 最近二人の間で流行っている遊びは・・・

 

P9120879_1.jpg

 

 

 

オモチャをドライバーを使って分解すること。

 

P9120882_1.jpg

 

 

分解するのはいいのだが、元通りに直そうとは絶対しない・・・。 

 

P9120881_1.jpg 

 

 

毎晩お風呂に入ると、コナンとジュノーは下の写真のように↓

 

P9110870_1.jpg 

ゴーグルをして、潜る練習をする。

 

 

そして、LaQ〔らキュー)にもハマりだした!

 

 P9240918_1.jpg

 

 

 細かいピースを使って説明書を読みながらいろんな形に仕上げていく。 

 

P9240924_1.jpg 

 

 

そして、サッカー。 近所に住むお友達も一緒にボールを追いかけて走り回っていました。

 

P9260925_1.jpg 

 

 

スポンサーサイト
5歳記事全文TB数:-コメント数:1
サッカー教室
2009/09/21(月) 22:19:33

私達の住む町で、5,6歳児を対象にしたキンダーサッカークリニックが土曜日から始まりました。 みんな新しいサッカーシューズを履いて、シンガードを靴下の中に入れて準備万端!

 

P9190899_1.jpg

 

 

『さあ、ボールを蹴ってみよう』とインストラクターに言われ、白線の内側でなんとかボールを操ろうとするコナン。

 

P9190903_1.jpg 

 

ボールを蹴っている間に『シャーク〔サメ)係』にタッチされたら、その場ですばやく止まり、ボールを頭の上に乗せようと言われ、すぐにタッチされちゃったお二人↓

 

P9190907_1.jpg 

 

 

さすが5,6歳児。インストラクターの話をしっかり聞いています↓

 

P9190911_1.jpg 

 

 

泣いている子もいないし、みんな楽しそうにボールを追いかけていました。

 

P9190916_1.jpg 

 

 

サッカークリニックの終わりに、Tシャツをもらってご機嫌のコナンとジュノー。 土曜日の練習を今から心待ちにしているふたりです。

 

P9190917_1.jpg 

 

5歳記事全文TB数:-コメント数:0
カリフォルニア レッドウッド州立公園
2009/09/21(月) 21:44:01

オレゴンとカリフォルニアの境を渡って更にハイウェイ101を南下して辿りついたのは『Jedediah Smith Redwoods State Park』。 巨大な木が群生するこのトレイルを探検しに行ってきました。 『え~っ! またハイキングなのォ~っ263』とトレイルの入り口でコナンとジュノーはブーイング開始。 もちろん車の中で待ってて~なんて言えないので、無理矢理二人を連れ出してゴー!

 

P8170539.jpg

 

 

レッドウッド(アメリカ杉)の高さは100m以上、直径7mにも達し、平均寿命は500~700年で、世界で最も高い木と言われています。 気候条件などから、レッドウッドは北カリフォルニアでしか生息できないそうです。

P8170541.jpg 

 

 

 

 地面はシダの葉が覆い茂り、今にも恐竜が出現しそうな雰囲気。

 


P8170554.jpg

 

 

筋力トレーニングをするには最適の木でもある・・・?

 


P8170556.jpg

 

 

この木の根っこもバカでかいです。

 

P8170559.jpg

 

 

 

変ちくりんなこぶができている木の横で『気持ちわる~い』の顔をするコナン↓

 

P8170564.jpg

 

 

 

『この木の樹齢はどのくらいだろう・・・』と年輪を数え始めるダディ・・・ おいおい、数え終わるまでに日が暮れてしまうのでは?

 

P8180628.jpg

 

 

『よくもここまで大きく育ってくれたねェ~』と、木にハグハグするコナン↓

 

P8180620_1.jpg  

 

 

Klamathというタウンに巨大なポールバニヤン〔アメリカ伝説のきこり)とベイブ(牛)の像があったので、ちょっとここで休憩。 お金を払えば、ゴンドラに乗ってレッドウッド観光ツアーに参加できるのですが、私達はパス。

 

P8170569.jpg

 

 

北カリフォルニア海岸線も奇岩が聳え立っていて、なかなかの絶景です。

 

P8170587.jpg

 

 

岩のトンネルもあったよ~。

 

P8170590.jpg

 

 

レッドウッド国立公園周辺はシダが覆い茂るほど、ジメジメっとしているのですが(木が大きく育つ理由の一つ)、そこから数マイル離れると、辺りは乾燥していて、赤茶けた荒地が広がっています。

 

下の写真は、ちょうど山火事発生により、上空からヘリコプターや飛行機が消火作業にあたっていた現場を激写したものです。

 

P8180602.jpg

 

 

レッドウッド観光三昧でかなりお疲れ気味のコナンとジュノー。 車の中で爆睡してました。

 

 

P8180613.jpg

 

 

 まだまだあります。カリフォルニア報告。お次はワインカントリー、サンフランシスコ編です。

 

旅行記事全文TB数:-コメント数:0
お手伝い
2009/09/11(金) 22:55:23

我が家の改築工事が終了して以来初めて『エビフライ・ホタテフライ』を作りました。 エビフライはコナンとジュノーの大好物! しかも、ころもをつける作業を二人が進んで手伝ってくれて、マミィはとっても助かりました。

 

P9030813_1.jpg


 

本当は二人が週一で通っている日本語教室でのお弁当に入れるために、多く作ったつもりだったのですが、人気があり過ぎて30分の食事で全部なくなってしまいました356 

 

 

昨日は、『肉じゃが』だったので、ポテトや人参の皮を剥いてもらったり、インゲンのヘタを取ってもらったりして手伝ってもらいました。 ところが、いざ『いただきま~す』して食べ始めると、ジュノーもコナンもインゲンを食べてくれない・・・。 グランマの作るインゲン(インゲンを茹でる時に、ちょっとだけ砂糖を入れて甘さを出し、その後バターでさっとソテーして塩をふり、アーモンドスライスを乗せてできあがりというレシピ)なら、二人ともパクパク食べるのに~。 日本風はイケてないらしいです。

 

 

最近、二人からディナーのリクエストが相次いでいます。 『マミィ、今度は麻婆豆腐とカレーが食べた~い』と、昨日肉じゃがを食べながらシリアスな顔で注文してくるコナン君。 『それじゃあ、また一緒に作ろうね!』と言うと、『ハ~イ!』と元気な答えが二人から返ってきました。 

 

 

5歳記事全文TB数:-コメント数:1
オレゴンから愛 -オレゴンコースト編
2009/09/09(水) 22:32:13

ポートランドに住む義兄ファミリーに別れを告げ、西海岸旅行後半の4日間はオレゴンコーストを突っ走りました。 オレゴンコーストというのはオレゴン西部海岸線のことで、私達はオレゴンコーストハイウェイ101線をとにかく南下して行きました。 このハイウェイ、主に海岸沿いを走るのですが、山あり、川あり、谷あり、砂丘ありで、南下するにつれて、どんどん景色が変わっていくんです。

 

ハイウェイ101線を走る前に、Tillamook Cheese Factoryというオレゴンで有名なチーズ工場に寄り道しました。チーズ工場は無料で見学できて、ちょっと列に並ぶと4,5種類のチーズを試食できます。チーズも美味しいですが、ここでの目玉品はアイスクリーム! 35種類以上のフレーバーから選ぶことができるものの、コナンとジュノーが選んだのはシンプルに『バニラ』。アイスを食べ始めると突然黙りこんで、もくもくとアイスを頬張ってました。

 

さて、腹ごしらえもできたところで、早速101線走行開始。 目的地はニューポートです。

 

ニューポートにあるOregon Coast Aquariumは全米でも10位以内に入ると言われている水族館。 チューブ状になった水槽の中を歩けるようになっていて、私達の真上をコワ~イ顔したサメやエイが 悠々と泳ぐ姿にコナンとジュノーも釘付け! タッチプールも充実していて、ヒトデ、イソギンチャク、タコ、サメ、カブトガニなどを触って楽しめます。

 

P8140397.jpg

 

 


オレゴンコースト一日目はYachats(ヤハッツ)という町にあるOverleaf Lodgeに泊まりました。
部屋から見る海の眺めは最高でした! 

 

orhotel.jpg

 

 

ヤハッツから数マイル南へ下ると、Cape Perpetua 〔パーペチュア岬)という景勝地があり、ここから見るオレゴンコーストは素晴らしいです。 いつもは曇っているらしい海岸沿いですが、私達が旅行している間は幸運なことに、青空の広がるいいお天気が続きました! でも、寒いんだよ~。

 

Or+vista_1.jpg

 

 

こちら、Heceta Head Lighthouse↓ オレゴンで最も写真撮影されるスポットの一つだそうです。

 

P8150420.jpg

 

 

そして、この写真を撮ったスポットから真下を見ると・・・

 

P8150424_1.jpg 

 

いるいる~っ!! アシカの大群が~っ ↑ オウッ、オウッと波の打つ音とアシカの鳴き声が響き渡っていました。 それにしてもオレゴンコーストって風が強いわ!

 

 

101線からちょっと寄り道して、旦那様がアメリカ版地球の歩き方でみつけた平坦なコースでトレッキングしてきました。 ここはフローレンスという町から30分ほど西へ入った所にあります。

 

P8150433_1.jpg

 

 

トレッキングと言っても、ほんの0.5マイルの距離でしたが、何百年もかけて大きくなったダグラスファー(米松)やヘムロック(米栂)の木が雄大に茂っていました。↓

 

P8150425.jpg

 

 

しかし皆さん、この木の大きさで驚いちゃいけません。 カリフォルニアのレッドウッドは凄いです。その話は次回写真付きで報告しますので、お楽しみに!

 

 

再び101線に戻ってフローレンスの町を通ったんですが、この辺からいきなり景色が変わります。 101線沿いには、かなりお店が建ち並んでいるのですが、その建物の後側は砂山が連なっています。 フローレンスからクーズベイまでの70キロメートルはオレゴン国立砂丘レクリエーション地域に指定されていて、鳥取砂丘の約20倍の広さがあるのだそうです。

 

 

さて、ここで私達はサンドボードに初挑戦することになりました! 
 

 

ワックスを裏面に塗って、足をボードに固定して、準備完了。 へっぴり腰になりながら下り坂をサンドボードで滑り降りてみた~! ほんの数十メートルなのに、何度もバランスを崩して転びながら下まで降りましたが、スノボと違って、パウダーのような砂だから転んでも痛くないのが嬉しい。 滑り終わるとまた傾斜のきつい砂山をエッチラオッチラ登るんですが、足は砂に埋もれるし、風は強しで、かなり体力が消耗してしまいました。 スキーリフトみたいなのがあったら楽なのにィ~なんて思ってしまいました。 口の中には砂が入るし、体中に砂が付着するし、髪の毛はジャリジャリ。 コナンは一度トライしただけで、風の強さに『おうちカエリタ~イ』と大泣きしちゃうし。 

 

転びすぎて砂だらけになった私は、サンドボードをソリ替わりにして滑ってみました。 これまたスリルがあってグッド!  ジュノーも『これならイケる!』と思ったのか、私の後ろにしがみついてスイ~ッ。 最初からソリのレンタルにしておけばよかったと後悔しちゃうほど楽しかったです。

 

 

オレゴン砂丘でサンドボーダー3人をパチリ☆ どうです? キマッテるでしょ?


P8150438.jpg

 

 

お 次はサンドバギー〔24人乗りだと思う)に乗って、砂丘ツアーに出かけました。 運転手さんはガイドもしてくれたんだけど、私達は一番後ろに座ったために、彼が何を言っているのかさっぱり聞き取れなかった・・・。エンジンの音もガタガタうるさいし、ガソリン臭いし、せっかく自然をエンジョイしてるのに、これはちょっと環境汚染ではないかと思ってしまいました。

 

P8150451-1.jpg

 

 

  しかし、このバギー、乗ってみるとなかなか面白い。 駐車場から野生の石楠花が覆い茂る小道をバギーで数百メートル走ると・・・

 

 

砂漠地帯に到着!

 

P8150447.jpg

 

このデコボコした砂丘を ↑ のバギーが勢いよく走るわけです。 ジェットコースターに乗っている気分を味わえて最高でした! 次回は4人乗り用バギーで砂丘を暴走してみたい!?

 

 

 砂丘エリアを去る前にちょっと寄り道して、Reedsportという町から3マイル東側にあるエルク〔ヘラジカ)保護区へ行ってみました。 早朝と日没前にエルクが最も多く見られるとガイドブックに書いてあったのですが、本当にその通り! でも、もっと大きな角を生やしたエルクを見られるかな~と思っていましたが、残念ながら数えるほどしかいなかった・・・。

 

P8150453_1.jpg

 

 

え~っと、この写真はどこのビーチで写したんだっけ? 似たような写真が沢山ありすぎて、ワケがわからなくなってきたらる子です・・・。

 

P8160522.jpg


 

 翌日には更に南下して、Coos BayエリアにあるCape Arago State Parkへ行ってきました。大きな流木におじいさんの顔が彫ってあるのを発見したコナン君、早速『写真撮って~』とお願いするので、

 

ハイ、ポーズ♪↓

 

P8160472.jpg

 

 

 流木によじ登ってまたパシャリ!

 

P8160473.jpg

 

 

 

これより下にアップした写真は全てBandonというタウンにあるビーチで撮ったものです。 

 

 

P8160477.jpg

 

 

ビーチには不思議な形をした岩が聳え立っていて素晴らしいんですが、風が強くて寒い! コナンとダディの後ろ側に見える岩は『フェイスロック』と呼ばれています。確かに人の顔に見えますよね↓

 

 

P8160502_1.jpg

 

 

 

らる子の実家の観光名所も奇岩で有名な所がありますが、さすが、アメリカ。 スケールが全く違います。

 

 

P8160490.jpg

 

 

 タイドプール〔潮だまり)を探しに行くことにした私達。この写真を撮った後、カニやイソギンチャクなどをみつけたんだよね! 残念ながら、カニはすばしっこくって捕まえられなかった・・・。 

 

P8160484.jpg

 

 

無人と言っていいほど人気のないビーチで、ぺたぺた足跡をつけて盛り上がっていた子供達。

 

 

で、こちらはコナンの足跡。 現在ふたりとも大きさ19センチです↓

 

P8160520.jpg

 

 

この後、再び101線を走り、オレゴンとカリフォルニアのボーダーを越えて、レッドウッド国立公園を訪れました。 カリフォルニアの話はまた次回に報告しますね~。おたのしみに。

旅行記事全文TB数:-コメント数:0
キンダーが始まったよ
2009/09/02(水) 22:06:14

旅行記を終わらせたいのですが、今日はコナンとジュノーの幼稚園のおはなしです。



今日から二人は晴れて私達の町のキンダー〔幼稚園)に入園しました。 西海岸から戻ってきてから, ふたりとも時差ぼけで、昨日まで朝9時起床だったのに、今朝はピッタリ7時起床。 ふたりともこの日をずっと楽しみに待っていたんです。



今まで行っていたモンテッソーリ幼稚園は隣町だったので、車で送り迎えしていたのですが、今日から通い始めた学校は、我が家からほんの数百メートル。 徒歩で3分という近さです!

 

キンダーは午前8時33分という半端な時間に始まります。その時間より早く学校に到着しても学校のドアは開いていません。 33分になってベルが鳴り、担任の先生がドアを開けて列に並んだ子供達を1人ずつ教室に迎え入れるんです。 子供達が先生の手に渡るまで、保護者は外で待っていなければいけません。

 

こちら、コナンとジュノーの担任の先生、モーガー先生。キンダーの教師暦15年以上という大ベテランです。 先生が『おはよう』と二人にご挨拶するまで、新しいお友達を前に緊張気味でしたが、先生の笑顔と一緒に、二人は元気よくお教室に入っていきました!

 

firstdayschool2.jpg

 

今日はキンダー初日ということで、学校はたったの10時半まで。明日から平常どおり、しかし、11時半までという短さ・・・。来年からは3時半頃までなのであと一年の辛抱だ!

 

近所に住むジリアンちゃんと学校の前でパシャリ↓ いつもこの3人はパワーレンジャーごっこをして遊んでいる仲なのです263 

 

 firstdayschool1.jpg

 

 

学校が終わると子供達はすぐ家に帰ることもなく、プレイグラウンドで一緒に遊んでいました。

 

firstdayschool3.jpg 

 

 

『学校どうだった?』との問いに、『面白かった!!』と笑顔で答えたジュノー↓

 

firstdayschool4.jpg 

 

 

これはオマケ↓

 

icecream.jpg

 

今日は午後から日本語教室があったので、その帰りにお友達と近くのアイスクリーム屋さんへ行きました。


5歳記事全文TB数:-コメント数:2
子育てお役立ちサイト
お友達ブログ
最近のコメント
素材リンク集
最近のトラックバック
ブログ内検索
Copyright(C) 2006 だぶるとらぶる子育て日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。